木下整形・形成外科
トップページへ院長紹介診療案内求人情報アクセスマップ
診療案内
  診療詳細
  紹介先医療機関
診療科目・診療時間
 

 

* 手術の実績
開設7年9カ月の時点で総手術数726例を行い、そのうち上肢手術300例をまとめて、平成17年4月“開設7年無床診療所における上肢手術の検討”と題して第49回日本手の外科学会学術集会で報告しました。本学会の演題採用率は74.1%と厳しいものでしたが採用され、その後本学会雑誌に論文として掲載されました。
平成26年10月末現在、手術総数は1791例、上肢手術は超音波ガイドによる伝達麻酔で橈骨遠位端骨折、舟状骨骨折などは術中透視下に低侵襲、正確性を図っています。また、手根管症候群、肘部管症候群など絞扼性神経障害も外来手術で良好な結果を得ています。
* 日本手外科学会功労賞の授与
私は平成21年4月、第52回日本手の外科学会に於いて学会功労賞を授与されました。本賞に関する内規では受賞の4月1日現在65歳以上で評議委員暦10年以上、各種委員会委員2期以上、学芸集会でシンポジストまたはパネリストを2回以上を努めた者などです。
本学会評議委員は代議員的要素はなく学術的で、その選考は英和論文、臨牀的実績などの 条件は厳しく、評議委員資格維持には3年に1回の本学会発表、座長などを必要とされます。長年、手の外科やマイクロサージャリーに携わってきて、現在も後輩の医師の協力を得て手の外科手術を続けております。65歳で評議委員任期を終了し学会功労賞を授与された事は大変嬉しく誇りに思います。多くの様々な経験をさせていただいた患者様に御礼を申し上げ、私を支援して下さっている後輩医師に感謝致しております。
* 診療体制
現在、私の他に形成外科専門医、手外科専門医また、循環器内科医など非常勤医師6名の協力を得て診療の充実を図っております。5名のリハビリスタッフのうち3名は運動器リハビリテーションセラピスト研修を終了し認定、その後も資格更新研修を受けています。職員一同、皆様の診療になお一層の努力をいたしております。
  

 

・整形外科 ・形成外科
・リハビリテーション科(理学療法)

 医療保険の種類:社会保険、国民保険、労災保険、生活保護法、
            自賠責保険、その他
    
月曜〜金曜  9:00〜1:00   2:00〜6:00
土曜  9:00〜1:00   2:00〜5:00
※第2・4木曜日院長休診
※第2土曜手術日
※毎木曜午後担当医 松井瑞子
※第3土曜担当医 宮脇剛司
※月1回内科 福島教照
※第4、5土曜担当医 松浦愼太郎
※休診日は日曜・祝祭日です
※お願い:診療終了時間30分前に御来院ください
受付
  主な対象疾患
 
一般的整形外科疾患  
 
腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などによる腰痛、下肢痛
頚部脊椎症や頚部神経根症などによる頚部痛、上肢痛
変形性膝関節症、肩関節周囲炎など関節痛
骨粗鬆症(骨密度測定)
関節リウマチ
オスグット・シュラッター病など成長期疾患
 
  外傷  
 
骨折、腱損傷、切創、打撲、捻挫
鞭うち損傷など交通災害
野球肩、野球肘やテニス肘などスポーツ外傷
 
その他  
 
脳梗塞などによる四肢麻痺、関節拘縮
四肢の血行障害
ばね指、ドケルバン病など腱鞘炎、ヘバーデン結節(粘液のう腫、
デュプイトラン拘縮 、外反母趾など手足の疾患
手根管症候群 、肘部管症候群など絞扼性神経障害
皮膚皮下腫瘍(顔面、躯幹)、四肢軟部腫瘍(粘液のう腫
まき爪 、陥入爪、爪変形
魚の目、タコ
キズ後やケロイド、顔面の変形
熱傷、熱傷瘢痕
眼瞼下垂
 
症例画像
 
@ 橈骨遠位端・尺骨骨折(■画像)
A 右橈骨・尺骨変形治癒骨折(■画像)
橈骨骨切術、尺骨短縮術
B 右変形性手関節症 尺骨プラス手 長年テニスをしていた。(■画像)
伸筋支帯を用いた関節形成術、尺骨短縮術
C 舟状骨骨折(■画像)
D ヘバーデン結節に併発する粘液嚢腫(■画像)
E デュプイトラン拘縮(■画像)
F 手根管症候群、手術時期を逸した母指球筋萎縮著明(■画像)
G 肘部管症候群(■画像)
H まき爪(■画像)
 
   
  • 診断に基づいた理学療法による機能回復、神経ブロックによる疼痛の緩解、補装具の処方などの保存療法を行います。
  • 疾患によっては手術を行います。多くの病院で入院して行われる肘部管症候群、橈骨遠位端骨折などの手術も日帰り手術 で良好な結果を得ています。
 

設備と医療機器

 

◆電子カルテ、画像ファイリングシステム  
 
電子カルテ
画像ファイリングシステム

カルテの内容や問診情報、検査結果や画像データ、薬剤情報などの外部データと一元管理が可能となり、そのデータを共有し、チエックすれば、診療制度向上やリスク回避が強化される。

◆レントゲン装置・骨密度測定装置  
 
電子カルテ
X線一般撮影装置
画像ファイリングシステム
DR装置

 
電子カルテ
画像ファイリングシステム
 
骨密度装置
12誘導心電図・動脈硬化検査装置

◆手術用関連機器  
 
電子カルテ
画像ファイリングシステム

手術用透視装置使用により骨折などの手術の正確性を図る。

電子カルテ
画像ファイリングシステム

超音波ガイド下末梢神経ブロックに威力を発揮する超音波診断装置

 
電子カルテ
画像ファイリングシステム
 
血圧監視装置
救命処置のためのAED

◆医療器具の消毒、滅菌器  
 
電子カルテ
画像ファイリングシステム
 
全自動酸化エチレンガス滅菌器 
全自動高圧蒸気滅菌器

 

◆理学療法室        
  理学療法室
牽引治療器
 
理学療法室
電気刺激装置
 
理学療法室
マイクロ治療器
  ページトップへ
 
    サイトマップ
 
Copyright(C)2009 Kinoshita Hospital. All rights reserved.