木下整形・形成外科
トップページへ院長紹介診療案内求人情報アクセスマップ
院長紹介
  業績目録
  原著論文の一部
  著書(分担執筆)
  学会発表の一部
  原著論文の一部
 

1)木下行洋、児島忠雄 ほか 
  肘部管症候群の手術所見と術後成績
  (日手会誌 1984;1:182〜185.)


2) 木下行洋、児島忠雄 ほか
  爪下外骨腫21症例の検討
  (日形会誌 1989;9:1015〜1062.)


3) 木下行洋、児島忠雄 ほか
  手指Mucous Cystの症例の検討
  (日形会誌 1990;10:750〜759.)


4)木下行洋、児島忠雄 ほか
  スポーツ選手の肘部管症候群の症例
  (日手会誌 1990;7:164〜168.)


5)Kinoshita Y, Kojima T, et al.
  Subcutaneous Pedicle Hypothenar Island Flap.
  (Ann Plast Sung 1991;27:519〜526.)


6)Kinoshita Y, Ogawa Y, Kojima T.
  Spiral oblique retinacular ligament (SORL) mallet correction in a finger
   with a proximal interphalangeal joint transferred from a toe.
  (J Reconstr Micosurg 1994;10:333〜338.)


7)木下行洋、児島忠雄 ほか
  指動脈島状皮弁 (Rose flap) 応用例の検討
  (日手会誌 1994;11:713〜717.)


8)木下行洋、児島忠雄 ほか
  血管柄付島状皮弁による指尖部再建
  (日手会誌 1995;12:559〜565.)


9)Kinoshita Y, Kojima T, Furusato Y.
  Subungual Dermatofibroma of The Thumb.
  (J Hang Surg 1996;21B:408〜409.)


10)Kinoshita Y, Kojima T, et al.
  Extending the use of the palmar advancement flap with V-Y closure.
  (J Hang Surg 1997;22B:212〜218.)


11)木下行洋、松浦愼太郎 ほか
  ミニプレート固定を用いた外反母趾手術 (Mann法)の成績
  (形成外科 1997;40:133〜141.)


12)木下行洋.
  骨延長器と骨移植術を併用した中手骨短縮症の治療
  (日手会誌 2001;18:432〜434.)


13)木下行洋、松浦愼太郎、松井瑞子.
  開設7年無床診療所における上肢手術症例の検討
  (日手会誌 2006;23:532〜534.)

  ページトップへ
 
    サイトマップ
 
Copyright(C)2009 Kinoshita Hospital. All rights reserved.